MENU

20年以上車を長持ちさせる秘訣

 

 

 

平成5年式の走行距離20万kmのGT-RのオーナーMさんにクルマを長く乗るためのコツをご紹介してもらいます。


 

 

 

 

 

長く乗り続けるポイントって本当にあるんですか?


 

 

 

長く乗り続けるポイントねえ?
それはダンゼン普段乗りに使うことかな。やっぱり走らせていないとクルマはダメになっていくもの。

 

あと、GT-Rは''走りのクルマなので、''踏む時は踏む,,これもひとつのポイントでしょう。

 

 

それと、交換できない消耗品=ボディにストレスのかかるチユーニングはしない。

 

 

例えば、サスベンションを固めたり、タイヤをサイズアップしたりはしない。

 

タイヤは同じサイズでも、年々性能アップしているので、いい銘柄を選べば純正サイズで充分いけます。


 

 

 

日々のメンテはどうされてますか?


 

 

 

 

 

メンテナンスは自分でも気を付けてますが、頼れる専門店は必要ですね。

 

古くなってくると電気系トラブルが厄介なので、腕の良い電装屋さんは見つけておいたほうがベター。

 

特にエアコン関係は、電装専門店にかぎるし、オル夕ネー夕ーのO/Hなども電装屋さんのウデ次第。

 

サビもリアのタイヤハウス脇などに少しずつ出てきたので、いい板金塗装屋との付き合いも大事になってくる。

 

タイヤも職人技を持つタイヤ整備士のいる専門店に任せるし、コンピューターは、R35のエアフロを入れる時に実走で現車セッテイング。

 

全体的なメンテナンスは、GT-R専門店にお世話になるようにしています。

 

あとは、完璧を目指すのではなく、細かい劣化はそれを理解したうえで上手に付き合えばいいと考えているよ。


 

 

 

パーツ関連で言いたい事は何かありますか?


 

 

そうですね。

 

一番困るのは、年々純正部品が値上がりすることかなぁ。

 

あと、製廃も気になるけど、現在のところGT-Rで製廃になったパーツはありませんし、今後もNISMOで、純正部品再生産を手がけるそうなのでその点は心配なさそう。


 

 

 

 

 

なるほど・・・。


 

 

 

結局、長く乗るのに一番大事なことは、ずっとそのクルマに愛着が持てるかどうかということに尽きますね。

 


 

 

 

GT-Rは!市販パーツも多いけど、オリジナルに近いほうが、より愛着を持ちやすい気がしますし、自分はわりとそういう夕イプなので、外観はほぼノーマルで、外観上の違いはマフラーとがちょっと車高が下がっているぐらいかな。

 

内装はもっと純正状態で、ステアリングもわざわざ革を張り替えて純正品をそのまま使っており、オーディオもいまだに純正です。


 

 

これから何をやろうとおもってますか?


 

 

 

いま一番やりたいのは、ブッシュをはじめゴム類のフル交換とボディのサビ対策ですね。

 

クルマそのものには全く不満ががないので、これからもこの状態をキープしたいと思ってます。

 


 

 

 

 

参考になりました。

 

ありがとうございました!